セラミドの効果、働きについて

セラミド

乾燥肌の要因は皮脂の減少、NMF(天然保湿因子)の減少、細胞間脂質(セラミド)の減少です。加齢、気温の低下、紫外線などによって保湿成分が減少し、肌の水分量が低下します。

保湿成分の中で最も重要なのが細胞間脂質です。保湿の7割は細胞間脂質(セラミド)が担っています。セラミドには角質層の水分を挟み込む働きがあり、外部刺激から肌を守るバリア機能と肌水分を保持する機能があります。

セラミドは年齢と共に減少します。大きな要因はターンオーバーの乱れです。20代ではターンオーバーは4週間ですが、40代になると40日以上かかるようになり、セラミドの産生量は減少します。

セラミドの種類

ヒト型セラミド

セラミドは角質層の水分保持、バリア機能の改善に欠かせない保湿成分です。最近では様々なセラミド配合の化粧品が登場しています。ここでは、化粧品に使用されているセラミドの種類について紹介します。

●ヒト型セラミド
酵母から生成されているのがヒト型セラミドです。人の肌に元々存在しているセラミドと同じ形をしています。そのため、保湿力が最も高いセラミドです。主なセラミドの特徴について紹介すると、

・セラミド1(セラミドEOP)
セラミド1はバリア機能を強化する作用があり、水分保持機能と外部刺激などから肌を守る機能があります。

・セラミド2(セラミドNS)
セラミド2は水分保持機能が非常に優れています。

・セラミド3(セラミドNP)
水分保持機能に加え、シワの改善にも有効です。

・セラミド5(セラミドAS)
バリア機能と水分保持機能があります。

・セラミド6(セラミドAP)
水分保持機能、ターンオーバーの促進、シワの改善作用があります。

●馬セラミド
セレブロシド、ウマスフィンゴ脂質と呼ばれる成分です。馬由来のセラミドは肌のセラミドとは異なりますが、セラミドの合成を促進する作用があります。

●植物性セラミド
米セラミド、こんにゃくセラミドなどが有名です。植物系のセラミドは人のセラミドとは全く異なる成分です。馬セラミドのようにセラミドを合成する作用もありませんが、保湿をサポートします。

●セラミド類似物質
キュレルの保湿化粧品等に使用されているセラミドを真似て作られた成分です。こちらも肌のセラミドにはなりませんが、高い保湿作用があります。

セラミドクリームの選び方

セラミドクリーム

・ヒト型セラミドが配合されているか
セラミドクリーム選びで最も重要なのがヒト型セラミドを配合しているかです。ヒト型セラミドは馬セラミドや植物セラミドと異なり、肌にあるセラミドと同じ形をしているため、保水力やバリア機能が優れています。成分にセラミド2,セラミド2等の数字、セラミドNSなどのアルファベットで表記されています。

・セラミド以外の保湿成分もチェック
クリームは油分が25%以上使用されています。油分は水分が蒸発しないようにフタをする働きがあります。スクワラン、ホホバオイル、シア脂などの皮脂の代わりをする成分は欠かせません。その他、水溶性のアミノ酸、ヒアルロン酸、コラーゲンなども保湿をサポートします。。

・その他の美容成分が配合されているか
クリームを使用する際には保湿成分以外の美容成分も注目です。エイジングケアにはコラーゲン合成をサポートする成分、活性酸素を阻害する抗酸化成分などがあります。その他、シミなどを抑制するビタミンC誘導体、炎症を抑える植物エキスなどもよく使用されています。

セラミドクリーム ランキング BEST3

順位 商品名 金額 商品詳細

983点
アヤナス
1,480円
送料無料
エイジングケアに最適のセラミドクリーム
肌水分を保持するヒト型ナノセラミドを配合。さらにコラーゲン生成を促進するCVアルギネートで肌にハリをもたらします。
口コミへ

924点
ヒフミド
980円
送料無料
ヒト型セラミドで角質保護
ヒト型セラミドをたっぷり配合。肌の角質層をしっかりと埋める役割で乾燥や外部刺激による肌荒れ、炎症を防止します。
口コミへ

878点
つつむ
1,470円
送料無料
セラミドで肌をガード
ヒト型ナノセラミドで肌の角質を整え、肌水分をしっかり保持。さらベントナイトで肌の表面をカバーして外部刺激カット。
口コミへ

805点
サエル
1,480円
送料無料
美白用セラミドクリー
ヒト型ナノセラミド、ベントナイトで角質バリア機能を改善。ビタミンC誘導体でシミの原因、メラニン色素の生成を抑制。
口コミへ

703点
キュレル
1,614円
送料290円
合成擬似セラミドで保湿
合成擬似セラミドを配合。角質細胞間脂質となり、肌水分の蒸発を防止します。アラントインが肌荒れを修復します。
口コミへ
角質をしっかり守るアヤナス

アヤナスのセラミドクリームはヴァイタサイクルヴェールの技術を採用。角質層の水分保持をサポートするナノセラミド、肌表面のバリア機能を促進するベントナイトを配合。

バリア機能の乱れを改善することで、水分の蒸発や外部刺激の侵入を抑制。その結果、炎症やターンオーバーの乱れを防止し、うるおいのある肌を保持します。

売れ筋のセラミドクリームを比較

比較 アスタリフト アヤナス ヒフミド エトヴォス メディプラスゲル
価格
1,080円
送料無料
1,480円
送料無料
980円
送料無料
2,052円
送料無料
3,996円
送料無料
セラミド成分 セラミド1
セラミド3
セラミド6
セラミド2 セラミド1
セラミド2
セラミド3
セラミド1
セラミド3
セラミド5
セラミド6
セラミドNP
セラミドAP
セラミドEOP
美容成分 アスタキサンチン
リコピン
コラーゲンなど
CVアルギネート
コウキエキス
ジンセンエキスなど
ホホバオイル
キハダ樹皮
トコフェロールなど
ホホバオイル
ヒアルロン酸
アミノ酸など
ヒアルロン酸
コラーゲン
ビタミンCなど
内容物 先行美容液
化粧水
美容液
クリーム
化粧水
美容液
クリーム
クレンジング
石鹸
化粧水
クリーム
石鹸
化粧水
美容液
クリーム
オールインワンゲル
特徴 セラミドを配合したジェリー美容液がバリア機能を改善。さらに、アスタキサンチン、リコピンなどが肌老化を抑制します。 セラミドでバリア機能を改善。また、コラーゲン合成作用、抗炎症作用のある植物エキスなども配合。 保湿に特化。高濃度のセラミドを配合し、肌水分保持と外部刺激のブロックをサポートします。 5種類のヒト型セラミドに加え、ホホバオイルやヒアルロン酸、コラーゲンなどでしっかり保湿。 セラミド自体は少なめですが、ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンC、プラセンタなど、美容成分たっぷり。

敏感肌、アトピーはホホバオイルでしっかり保湿

乾燥肌、敏感肌は炎症による痒みがでやすくなります。セラミドは角質のバリア機能を改善し、紫外線やアレルゲンの侵入を抑制する事が可能です。さらに、乾燥には油性成分を配合したオイルを使用し、肌水分を閉じ込める事も大切です。



肌水分を密閉するためのオイルとして有名なのは「ホホバオイル」です。ホホバオイルは高級な天然オイルの一種です。油性成分として肌水分を閉じ込める効果はもちろん、殺菌性や抗酸化作用もあり、ニキビやアトピーの原因となる炎症を抑えます。

ホホバオイルは「ワックスエステル」を補い、人の皮脂膜と同じような働きをします。さらに、肌の保湿成分(天然保湿因子)となるアミノ酸も豊富に配合。肌の保湿、保護の働きを行い、肌を健やかに保ちます。ホホバオイルは風呂あがり直後に使うのがおすすめです。ハンドプレスで浸透させることで潤いをキープします。

年齢肌の保湿ケア



10代、20代の頃には、生活リズムや食生活が乱れていたり、スキンケアを怠っても、ハリ、弾力のある美しい肌を保てるものです。しかし30代後半あたりから、肌のコンディションがそれまでとは変化していることに気づくはずです。

年齢肌が気になってくる30代後半から40代の女性は本格的な保湿ケアを始めるのがおすすめです。年齢肌が気になってきた方におすすめしたい保湿ケアの方法をご紹介します。

・年齢肌の原因
年齢を重ねるごとに肌のコンディションは変化します。いつも使っているスキンケア化粧品では物足りないと感じ始めることもあります。加齢による肌の老化は40代前後から急激に進行するので、それまであまり気にしていなかったシミや小じわ、たるみなどが目立つようになります。小じわには保湿対策が重要です。お風呂上がりにセラミドなどを配合した乾燥肌化粧水で潤いを補給することがおすすめです。

急激な肌質の変化は加齢によるターンオーバーの低下がその要因となっています。年齢を重ねるとエネルギー代謝が低下しますが、肌も同じように代謝が悪くなり、肌の生まれかわる周期もゆっくりになってきて、肌老化が進行します。また美しい肌や、健康な身体を保つために欠かせない女性ホルモンの分泌量が低下してくることも肌質の変化が急激に進む要因となっています。

・年齢肌の保湿ケア
年齢による肌トラブルは紫外線や乾燥、加齢による代謝、女性ホルモンなどが関わっています。40代になるとシミやシワが出来やすくなります。そのため、保湿対策に加え、美白成分や代謝を促進する成分を配合した化粧品の使用をおすすめします。

セラミド配合のクリームの他、美白にはコウジ酸、ハイドロキノンなどを配合した美容液やクリームが有効です。シワ対策にはトレチノイン、ペプチドなどを配合した美容液、クリームが有効です。

・スペシャルケアやポイントケア
1週間に1回くらいはスペシャルケアも取り入れる事もおすすめです。フェイスマスクを使ったケアは、肌のハリ、弾力の改善をサポートします。また、目元のポイントケアもおすすめです。目元は皮膚が薄く、デリケートです。シワ、たるみなどが出やすいため、目元美容液などを取り入れることで、肌老化にアプローチできます。
セラミドクリーム【乾燥肌保湿にはコレ】
セラミドクリームは冬の乾燥肌保湿に欠かせない化粧品です。冬の寒さに加え、年齢と共に代謝が落ち肌は乾燥しやすくなります。乾燥肌を保湿するには水分と油分の両方が必要です。そこでセラミドの出番です。セラミドクリームは乾燥、アトピー対策、小じわ対策におすすめです。セラミドでも特にヒト型セラミドは保湿力に優れています。角質層のバリア機能を保ち、紫外線やアレルゲンなどの外部刺激をブロックします。セラミドクリームを乾燥肌化粧水や美容液の後に塗ることで肌表面にしっかりと膜を作ります。セラミドクリームで人気があるのはディッセンシアのアヤナス、サエル、つつむのシリーズです。アヤナスは保湿とハリ、弾力を改善するタイプです。サエルは保湿と美白、つつむは保湿専用タイプになります。全てのタイプにヒト型ナノセラミドを配合しています。さらにベントナイトなどで肌表面をしっかり膜を作り、ガードします。紫外線によるシミ、シワ、アレルゲンにアトピー予防におすすめ。敏感肌でも安心して使用可能です。クリームの前にはセラミドを配合した乾燥肌化粧水を使用します。洗顔後に化粧水とクリームのラインを使用する事で肌水分をしっかり保持する事が可能です。

今月の売れ筋ランキング

アヤナス

詳細はコチラ
つつむ

詳細はコチラ
ヒフミド

詳細はコチラ